マエダのSDGs

SDGsとは

アイコン一覧.png

SDGs(持続可能な開発目標)は、2016年から2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択されました。経済成長と雇用の促進、貧困や飢餓の根絶、地球環境の保全といった経済・社会・環境の各分野にわたる17の目標とその目標を達成するための169のターゲットで構成されています。このSDGsに取り組むことで、2030年までに地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」世界の実現を目指しています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国も取り組むユニバーサルなものであり、わが国でも積極的に取り組まれています。

SDGsの貢献に向けたコミットメント

当社は、社員一人ひとりが社是の『誠実・意欲・技術』を実践し、広く社会から信頼され続ける企業を目指して活動しています。そして、この社是の精神に基づいて私たちは、人・社会・地球環境との調和のもと、モノづくりを通して持続可能な社会の実現を目指しています。

前田製作所は、同様に持続可能な社会の実現を目指すSDGsの理念に共感し、経済の発展や社会的課題の解決、環境保全に対して真摯に向き合い、事業活動を通してSDGsの目標達成に貢献してまいります。

SDGs達成に関連する具体的な取り組み

当社はこれまで、マエダのCSR3分野である「環境」「品質」「コーポレートガバナンス」において、企業行動憲章より「CSR重要テーマ」を設定し、持続可能な社会の実現に取り組んできました。この取り組みを、SDGsの17の目標と169のターゲットに照らし表示します。

表1.gif

重点的な取り組みと関連目標

当社は、様々な活動の中から、SDGsの3側面である「経済」「社会」「環境」に関わる以下の3つを「重点的な取り組み」と位置付け、2030年に向けて目標の達成を目指します。

  • 人手不足の解消
  • CO2排出量削減
  • 女性管理職比率向上

関連する目標

関連する目標.gif
重点的な取り組みと関連目標.png

長野県SDGs推進企業として登録

当社は長野県が提唱している「長野県SDGs推進企業登録制度」に登録し活動を推進しています。この制度は、長野県内の企業等に事業活動を通してSDGsとの関連性について「気付き」を促し、SDGs達成に向けた具体的な取り組みを促進しています。そして、企業価値の向上や競争力の強化を図るとともに、SDGsの普及を目指すものです。

長野県SDGs推進企業登録制度へ

登録証画像.jpg

長野県SDGs推進企業登録日:2020年4月30日