前田製作所 採用情報

INTERVIEW5

TAKUMA.T

2016年入社 / 産業機械本部 設計

モノが動く感動を常に体感できる設計の仕事

ユニークな製品をつくるところに惹かれました

現在、技術部の設計者として、2年目。既存製品であるクローラクレーンのリニューアル部分の設計を主に担当しています。

前田製作所には「かにクレーン」に代表されるようにユニークな製品が多くあり、技術部員は各テーマに分かれ、小さな部品から大きな部品まで様々な設計を行います。やりたいこと、やるべきことはたくさんあるので、日々やりがいを感じながら過ごしています。

元々、大学では半導体など電気関係を主に学んでいましたが、将来はモノづくりに携わる仕事ができればと考えていました。その中で就職活動時に前田製作所に出会い、一気にそのモノづくりの魅力に惹かれました。

設計から試験まで携われることも楽しいこと

技術部の設計者は、自分が設計した製品の試験も行います。設計に携わったクレーンが何トンにもなる“モノ”を吊り上げ、順調に動いた時に味わえる達成感は何事にも代えがたいですね。

このプロセスを自分で直接感じることができるのも、前田製作所の魅力ではないのでしょうか。現在はまだ製品の一部分しか設計していませんが、これから知識を蓄え、経験を積み、一つの製品設計全般を任せられるようになりたいと思っています。

また、ここは自分が成長できる環境がすぐ身近にあります。上司の方は、どんなに忙しくても自分の質問にすぐ応えてくれます。経験した人の生の声を聞くことができるのは何より自分のスキルアップに繋がることですからありがたいですね。

これからも社内でのコミュニケーションを大切にしていきたいです。

プライベートが充実できるのも自分にマッチした職場に出会えたから

職場では、業務プログラムがきちんと組まれているので土日は完全にお休み。毎週水曜日もノー残業デーなのでプライベートの時間もきちんと取れ、充実した毎日を過ごしています。これも職場の環境が良いからこそ感じられることでしょうね。

そのなかで、所属部長と面談する「ふれあいトーク」など、仕事で目指してみたいことや希望することなどを気軽に話せ、将来が明確になる良い機会もあります。上司に相談すれば外部講習会へ参加する機会をつくってもらえるなど、自然とモチベーションが上がる仕組みが設けられています。

ユニークでバラエティに富んだ製品の展開、かつグローバル展開が進む前田製作所は、とてもクリエイティブでアクティブな感覚に満ちています。

これからも自分の可能性に思いっきりチャレンジしていきたいと考えています。それができる環境ですから。

他のインタビューを見る

募集要項